闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パロ・スペシャルの真価!!の巻

第70話

己の限界を超え、ようやく決まった"パロ・スペシャル"
ポーラマンは締め上げの激痛を気合で乗り越えようとします
"アリ地獄ホールド"とも呼ばれる"パロ・スペシャル"は力ずくで外そうとすればするほど威力が増すようになっており、ポーラマンに対してはうってつけの技というわけです
今までに"パロ・スペシャル"が決まっても外されたことがありましたが、それはウォーズマンの心に迷いがった時
この試合で、このウォーズマンに精神的動揺による迷いは決してない!と思っていただこうッ!
それくらいの決意を見せたウォーズマンでしたが、雨が降ってくると一転、超人オリンピック第21回決勝で雨の中素顔を晒してしまったことがフラッシュバック
クラッチをかけている力が弱まり、ポーラマンに"パロ・スペシャル"から抜けだされてしまいます
更に"審判の仮面狩り(マスクハント)ネイル"によってあの時と同じように素顔を晒してしまいます
ポーラマンは「みんなおまえのツラを見て笑っているぜ~っ」とメンタル面に追い打ちをかけようとしますが、ウォーズマンのことを笑う観客など一人も居ません
そんなことには動揺せず、ウォーズマンはポーラマンを再び"パロ・スペシャル"の体勢で極めます
そして"パロ・スペシャル ジ・エンド"で手足を完全に折ってしまいました

ここまでの重症を負いながらもまだ立ち上がってくるポーラマン
しかし5秒後にポーラマンが倒れる計算という計算が既に完了していたウォーズマンは慌てること無く、その様子を見届けるのでした
かなりヒヤヒヤした場面はあったものの、今までの敗北原因だったメンタル面の弱さを克服したウォーズマン
これからの活躍にも期待です
そして完璧超人軍で残っているのはネメシスと武道のみとなりました
順当にいけばマシンガンズvsこの二人のタッグマッチになりますが、ピークア・ブーが仲間になったにも関わらずまだ試合をしていないのと、悪魔将軍らしき超人がまだ姿を見せていないのが気になります
まだ一波乱あるのでしょうか
キン肉マン | コメント:0 |

ウォーズマン、リブート!!の巻

第69話

"熊嵐固め"から脱出したウォーズマンは、すかさずポーラマンの鼻っ柱にサマーソルトキックの一撃
もう活動限界時間のタイムリミットが迫っているにも関わらず果敢な攻めを見せます
しかしポーラマンは頭から突っ込んでくるウォーズマンを捕らえて"マッキンリー颪"の体勢へ移行
序盤で繰り出した通常版の"マッキンリー颪"に加え、全体重をかけてリングに叩きつける"<完力>マッキンリー颪"でタイムリミットと同時のフィニッシュを狙います

ポーラマンの渾身の攻撃を受け、活動時間のリミットを過ぎたウォーズマンの身体は完全に停止してしまいますが…
それでも声をかけ続けるのはキン肉マン、ラーメンマン、そして観客たち
その熱い声援を受けたウォーズマンの脳内コンピュータは,友情パワーのバージョンアップを完了し、ウォーズマンの身体を再び動かす活力を供給し始めました
発動した超友情モードの発動限界時間は5分
その時間内に決着を着けるためにまずウォーズマンが繰り出した技は、ロビンがネメシス戦で最後に出した「タワーブリッジ ネイキッド」
四肢を破壊されたポーラマンには脱出する間もなく、モロにダメージを受けてしまいます
そしてウォーズマンが最後の止めに出すのはやはり"パロスペシャル"!
タイムリミットもまだ4分残してあるので、ほぼ勝利確定でしょうが…
ハシラの文が不安を煽ります
キン肉マン | コメント:0 |

迫るタイムリミット!!の巻

第68話

ポーラマンの身体の各箇所を少しずつ潰していくウォーズマン
がむしゃらにパンチの連打をするポーラマンの攻撃を避け、右腕をねじり上げて使い物にならなくしてしまいました
相手のギブアップを狙うウォーズマンの作戦は順調に進んでいると思われましたが…
ミートも分析している通り、完璧超人はギブアップすることは無いといえるメンタル面も強い超人です
そうなるとこの作戦は持久戦は必死
時間制限のあるウォーズマンにとっては不利な闘いにもなるのです

煙も上がり、もう時間があまり残っていないことを悟ったウォーズマンはポーラマンをタックルで倒し、右足をフックして傷めつける"ウォーズレッグブリーカー"の体勢に入ります
ところがここでウォーズマンの緊急生命維持装置作動し、残り活動時間7分30秒の警告が出てしまいます
これに動揺してフックが弱くなった所をポーラマンは見逃しません
"ウォーズレッグブリーカー"を力任せに外した後は、ポーラネイルをウォーズマンの背中に突き刺してくの字型に固めたまま着地する"熊嵐固め"でウォーズマンの動きを封じます
タイムリミットが迫る中、絶体絶命のピンチのウォーズマン
しかしそんな窮地のウォーズマンを救ったのは仲間たちの言葉
キン肉マン、テリーマン、ブロッケンJr、ラーメンマンの声援を受けたウォーズマンは、とうとう"熊嵐固め"から脱出
残り活動時間2分30秒!
果たしてウォーズマンは奇跡の逆転劇を見せてくれるでしょうか
キン肉マン | コメント:0 |

生きるための闘い!!の巻

第67話

打つ手が無くなってしまったウォーズマンに激励を飛ばすキン肉マンとテリーマン
気合だけの特攻ではなく、クールダウンして立て直せというアドバイスを送ります
しかしポーラマンはウォーズマンのことを、正義超人の皮を被っている冷血冷徹冷酷な機械呼ばわり
これに怒ったウォーズマンは、一本だけとなったベア・クローを突き出しますが、簡単に躱されてしまいます
同じく機械超人だったターボメンと行動原理が一緒だと言われて、精神的にも追い詰められてしまいます

ここでウォーズマンの回想に入ります
第21回超人オリンピック前のバラクーダとの特訓中のこと
スクリュー・ドライバーで木を10本突き破る練習中、何故か9本目で攻撃を中止したウォーズマン
その様子を見たバラクーダはわざわざ素顔(といってもマスク被ってますが)を表してウォーズマンを叱りますが、ウォーズマンは木の後ろにいたシカを傷つけまいとしてスクリュー・ドライバーを止めていたのでした
機械超人であることを常に気にしていたウォーズマンですが、生き物を大切にする優しいその心を誇りに思って欲しいと、ロビンは感じていたのです

立ち上がったウォーズマンは、一本のベア・クローでWスクリュー・ドライバーで突進
これをポーラネイルで挟み潰そうとするポーラマンでしたが、目の前でスクリュー・ドライバーを解除して股下に潜ったウォーズマンには対処できず、後ろからのアンクル・ロックで足を痛めてしまいます
このアンクル・ロックは力任せに振りほどきましたが、痛めた足に気を取られている隙にまたもやウォーズマンに背後を取られてしまいます
首に両足をかけ、それを支点に素早く回転する"シベリアン振り子落とし"、そこから脇固めで左腕にダメージを与える堅実な戦法を披露するウォーズマン
戦力を断つことでギブアップを促す戦法、それはすなわち相手の命も生かすということ
先程までのような死ぬため殺すための闘いではなく、生きるための闘いに目覚めたウォーズマンに、ようやく勝利への道が見えてきました
キン肉マン | コメント:0 |

窮地に浮かんだ"笑み"!!の巻

第66話

"マッキンリー颪"によって強烈なダメージを受けたウォーズマン
まだ序盤であるにも関わらず、機械の身体は悲鳴を上げ始めました
それでも師の仇を取るために"スクリュー・ドライバー"をしかけるウォーズマンでしたが、ポーラマンの鋼のような肉体には全く通用しません
両手のベア・クローも折られてしまいますが、「肉を斬らせて骨を断つ」の精神でポーラマンの左腕を十字固めに取ることに成功します
しかしさすがパワー溢れる<完力>のポーラマン、左腕を掴んでいるウォーズマンの頭めがけてハイキックを見舞います
ところがウォーズマンはこれを待っていたかのように、普段は開けない口を開き、足に噛み付くことでハイキックを防ぎます
王位争奪編でマンモスマンのノーズフェンシング対策に行なっていた特訓が、26年越しで実を結びました
もちろん作中ではそんなに時間は経っていませんが
それでもあの時の特訓が無駄にならなかったのは、ウォーズマンファンにとっては嬉しいはずです

対戦相手を確実に仕留めるときにだけ出すウォーズマンスマイルを浮かべながら立ち向かうウォーズマンは"テンカオ"、"ローリングソバット"、"ローキック"の連打を浴びせますが、やはり純粋な戦闘能力ではポーラマンには歯が立たず、逆に"横ヒジ"の連打を食らってダウン
ウォーズマンスマイルも消失し、再び窮地に立たされたウォーズマン
師との心の中の対話で、逆転の策を得ることができるでしょうか
キン肉マン | コメント:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。