闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

三十路は心が傷だらけだな

mitsudomoe13.jpg

みつどもえ 13巻 を購入しました

巻頭には浦安鉄筋家族の20周年記念時に描かれたコラボ漫画を収録
デビュー作の子供学級が、モロに浦安の影響を受けていることからも分かりますが、のりお先生の浦安好きは相当なものです
漫画家を目指すきっかけになった作品とのコラボが出来たことは、のりお先生にとっては本当に嬉しかったでしょうね

今巻に収録されている話は、1話を除いて全て月刊少年チャンピオンに収録された話です
月2本の連載ペースになったことで、コミックスの刊行ペースは以前よりも落ちてしまいました
しかし前後の2話で繋がりがあったりするので、今までとは違う楽しみも増えました

収録された話で印象的だったのが246卵生の「ありがとう!おともだちたち。」
みつばがお金を持っていなかった杉崎に対して、罵倒すること無く焼きイモをおごっていたこと
そしてその後、売れ残っていた本を売る手伝いを進んでしてくれたこと
焼きイモに関しては一応見返りを要求してはいましたが、みつばの面倒見の良い性格が伺えるシーンです
それと栗山っちが本当に矢部っちのことが嫌いなんだと感じられた247卵生の「ココロコンタクト」
まぁ初期の頃から勘違いとはいえ、矢部っちの変態っぽい言動を見てきたらそうなるのも仕方ないとは思いますが…
あとこの回では栗山っちが宮下の名前を宮"崎"って間違えていたりします
やっぱり宮下の苗字は覚えてもらえない運命なんですね


12巻の感想はこちら

みつどもえ 13 (少年チャンピオン・コミックス)みつどもえ 13 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/08/08)
桜井 のりお

商品詳細を見る
スポンサーサイト

漫画 | コメント:0 |
<<世界を支配する能力 | ホーム | 山に住む鬼より強い鬼>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。