闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

生きるための闘い!!の巻

第67話

打つ手が無くなってしまったウォーズマンに激励を飛ばすキン肉マンとテリーマン
気合だけの特攻ではなく、クールダウンして立て直せというアドバイスを送ります
しかしポーラマンはウォーズマンのことを、正義超人の皮を被っている冷血冷徹冷酷な機械呼ばわり
これに怒ったウォーズマンは、一本だけとなったベア・クローを突き出しますが、簡単に躱されてしまいます
同じく機械超人だったターボメンと行動原理が一緒だと言われて、精神的にも追い詰められてしまいます

ここでウォーズマンの回想に入ります
第21回超人オリンピック前のバラクーダとの特訓中のこと
スクリュー・ドライバーで木を10本突き破る練習中、何故か9本目で攻撃を中止したウォーズマン
その様子を見たバラクーダはわざわざ素顔(といってもマスク被ってますが)を表してウォーズマンを叱りますが、ウォーズマンは木の後ろにいたシカを傷つけまいとしてスクリュー・ドライバーを止めていたのでした
機械超人であることを常に気にしていたウォーズマンですが、生き物を大切にする優しいその心を誇りに思って欲しいと、ロビンは感じていたのです

立ち上がったウォーズマンは、一本のベア・クローでWスクリュー・ドライバーで突進
これをポーラネイルで挟み潰そうとするポーラマンでしたが、目の前でスクリュー・ドライバーを解除して股下に潜ったウォーズマンには対処できず、後ろからのアンクル・ロックで足を痛めてしまいます
このアンクル・ロックは力任せに振りほどきましたが、痛めた足に気を取られている隙にまたもやウォーズマンに背後を取られてしまいます
首に両足をかけ、それを支点に素早く回転する"シベリアン振り子落とし"、そこから脇固めで左腕にダメージを与える堅実な戦法を披露するウォーズマン
戦力を断つことでギブアップを促す戦法、それはすなわち相手の命も生かすということ
先程までのような死ぬため殺すための闘いではなく、生きるための闘いに目覚めたウォーズマンに、ようやく勝利への道が見えてきました
スポンサーサイト

キン肉マン | コメント:0 |
<<しょんもり | ホーム | 前からも後ろからも>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。