闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

悪魔最強タッグ、"ディアボロス"再び!!の巻

第49話

シングルマッチだというのに2人がかりでターボメンを攻めるバッファローマンとスプリングマン
それをみかねたハラボテは2人に警告しますが、ステカセキングをターボメンに殺されたことに怒りを感じている悪魔超人2人の耳には届いていません
そのまま失格のゴングを鳴らそうとしますが、ロビンマスクと戦っている最中のネメシスが「同じ階となった異なる属性の者同士が公平な条件のもとに戦う」というピラミッドリングの掟があることを発言
当人の4超人が合意したことで、正式にタッグマッチの様相となりました
それにしてもネメシスはロビン相手に余裕過ぎです

キン肉マン&モンゴルマン戦以来となる、バッファローマンとスプリングマンのコンビ"ディアボロス"
奮起するスプリングマンですが、そんな彼のことを"バネクズ"、"ステカセ同様すぐに壊れたオモチャにしてやる"と挑発するターボメン
その言葉がスプリングマンの辛かった修行時代を思い起こさせました
スプリングマンの回想の中で、7人の悪魔超人は悪魔六騎士のスニゲーターの指導のもと、トゲ付き床の上で腕立て伏せをしていました
しかしスプリングマンとステカセキングは途中で疲れ果ててしまい、スニゲーターにムチで叩かれるという辛酸を味わっていました
そんな辛い時代を一緒に乗り越えた仲間を殺されたからこそスプリングマンは怒っていたのです

試合開始早々、スプリングマンにラリアットを決め、必殺技のリボルバーフィンで止めを刺しにかかるターボメン
しかしスプリングマンは輪っかの構造をしている自身の体を利用し、ターボメンのリボルバーフィンを回避しつつ、逆にスプリングサイクロンで投げ飛ばしてしまいました
試合前までは言動や行動に割と面白さがあったスプリングマンですが、いざ試合となると眼光も鋭くなり、中々かっこよくなりました
タッグマッチでこそ映える伸縮自在の身体を活かした戦法に期待です
スポンサーサイト

キン肉マン | コメント:0 |
<<目からビーム | ホーム | チュチュチュチューニング!!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。