闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

動かざることニートのごとし!!

mudadumo09.jpg

ムダヅモ改革 9巻 特装版 を購入しました
特装版には"小泉ジュンイチロー 国士無双十三面(ライジングサン) グラフィグ"が付いています

真田&タイゾーvs鳩山ユキヲ&ミユキ夫人の続きです
相変わらず人間離れした言動で真田組を惑わすユキヲ
しかし真田は修行を重ねたことで、父親のジュンイチローも得意としていた轟盲牌を習得
あまりにも速く白牌化することにより、削られた部分がエアロゾ化して腕の周りで発火する"ファイヤー立直"という新技を作ってのけました
しかもファイヤー立直は単なる力技ではなく、すり替え位置を変えることで相手に心理戦を強いる応用力も高い技なのです

強力な技を身に付けて有利になった真田組ですが、唯一の不安要素は勝負に付いていけていないタイゾー
ユキヲがトモダチと呼ぶ小沢イチローに、タイゾーは簡単に懐柔され、その心配は現実のものとなってしまいます
しかし小沢の力を持ってしても読めなかったのはタイゾーのニート思考
「将来議員にしてやる」などといった口約束程度では動かないのがタイザーなのです
そしてそのタイゾーの思考を読み、ファイヤー立直でユキヲに白牌を掴ませた真田が勝利して決着が付きます
意識を失ったユキヲを自転車の籠に載せ、ミユキ夫人はE.T.の一場面のように夜空を去って行きました

そして勝負後に明かされた真実
月で死んだかのように思われた小泉ジュンイチローは実は生きており、回収作戦が計画されているとのこと
遠くない未来、真田が父親を救出しに月に向かうかもしれません
しかし次巻以降に始まる展開は尖閣諸島を巡るものとなっています
今度は中国に喧嘩を売ろうとするムダヅモからは目が離せません


8巻の感想はこちら
10巻の感想はこちら

ムダヅモ無き改革【特装版】 9 (近代麻雀コミックス)ムダヅモ無き改革【特装版】 9 (近代麻雀コミックス)
(2012/12/17)
大和田秀樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

漫画 | コメント:0 |
<<開発中... 2012 holiday その1 | ホーム | そんな疑り深い性格じゃ彼氏なんか出来ないだろメガネブス~~ッ!!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。