闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

と、言いつつ僕は興奮していた 性的な意味で。

vanillafiction01.jpg

VANILLA FICTION 1巻 を購入しました

主人公の佐藤忍は、今までに書いた作品が映画化・ドラマ化するほどの売れっ子の小説家
しかしバッドエンドしか書けないので、いつか読者に飽きられるのではないかという漠然とした不安を持っていました
担当編集に次回作こそはハッピーエンドの作品を、と懇願されますが、佐藤は「きっと私がハッピーエンドを書けるのは、『世界で一番幸せだ』と感じられた時だ。」と答えるのみでした
そんな彼の前に現れる少女は"世界一の幸せ"を与えてくれる存在となるのでしょうか?

佐藤が家へ帰る途中、ビルの上から落ちてきたのは猫?のぬいぐるみ
それを届けるために入ったビルのとある一室では、日常生活からかけ離れた光景が繰り広げられていました
窓辺で座っている天使の様な少女、その少女の前にはナイフを持った男と、そのナイフで切り裂かれている男
ナイフを持った男の言動から、少女を巡って争っている様子で、この場面を見てしまった佐藤も後で殺すと宣言されてしまいます
いきなり訪れた絶体絶命の危機
しかし佐藤は、少女を窓からいきなり突き落とすという方法で犯人の気を引き、その隙を突いて部屋からの脱出を成功させます
少女も室外機の上に落ちていて無事でした
そして油断していたナイフ男は、先程まで争っていた男に窓から突き落とされて死んでしまいます
この男もナイフの傷が致命傷となり、佐藤に指輪と少女を託して死んでいきました

こうして"エリ"という名の少女を保護することになった佐藤
"習島という島の北端の岬までエリを連れて行き、一緒にクッキーを食べれば世界は救われる"
そんな途方も無いことを自称"太宰治"のチャラい男に告げられ、佐藤の日常は崩壊したのでした
この太宰は身体をバラバラにされても生き返るという人間離れした体質を持っており、その言動から神の使いのような存在であることが伺えます
今後はエリを狙ってくる刺客からの逃避行を続けながら、羽白島まで行き着くまでの物語が続いていく事になるでしょう
佐藤は身体能力は並の人間程度ですが、上でも書いたように人の言動から性格や状況を読み取り、その人間にとってのバッドエンドを組み立てる能力に秀でています
思考によって状況を打破する漫画は沢山ありますが、最悪の状況を考えることで現状打破を図る主人公というのは珍しいんじゃないでしょうか


2巻の感想はこちら

VANILLA FICTION 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)VANILLA FICTION 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2012/12/12)
大須賀 めぐみ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

漫画 | コメント:0 |
<<疾風怒濤の空中殺法!!の巻 | ホーム | シャア専用>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。