闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

しふくのもふく…

機巧童子 ULTIMO 9巻 を購入しました
表紙は精進のスロウ
赤い帯と面、そのコントラストとなる青い髪が美しい

清瀬とパルドネのピンチに助太刀に来た秋津とスロウ
ルネは秋津のルネに対する想いを利用して仲間に引き入れようとしますが、童子対決は避けられません
ICON スーツのことを狭山さんに聞いて知っていた秋津は、早々に ICON 2 の姿へ変身
しかし心を読むジェラスの能力でその秘密を知られ、ルネも ICON スーツを KAIHATSU してしまいます
この ICON スーツ を着用したルネの姿に既視感があったのですが、どこで見たのだろうと思ったら「HOT LIMIT」の PV の西川貴教でした
改めて見てみると足に巻いている部品(?)がそっくりです

心を読むルネに対して、秋津は直球すぎる性格もあって不利な展開でしたが、スロウの運命操作の能力で相討ちまで持ち込みました
お互い、パルドネの力でなければ治癒できない状態になってしまいましたが、当のパルドネはジュンに"霊"をボウガンで撃たれたことで意識を失っています
ウルティモの能力で時を戻さない限り治らないような傷を負った秋津とルネ
その秋津にとどめを刺そうとするジュンでしたが、それを止めたのは、ここに来てようやく覚醒した清瀬
身体操作"幻覚五重蝶"でジュンの海馬に直接データを送り込み、自分が生まれ変わる前の従軍看護婦として石神井先生のもとで働いていた過去を体験させます
その体験は痛みも同じ様に感じる高度な"能"
死ぬことの恐怖をジュンに教え、清瀬とパルドネは大和の元へ向かいます

しかしこの程度で諦めないからこそ"悪"として最高の素質を持つジュン
ブリーフ姿のままバイスの殿の K (本名は川越慶) を殺しにアパートに侵入
ところが K の思わぬ反撃を喰らい、バイスも帰宅し、更にひばりとゴーグが乱入してきたことで、K を殺す目的は達成できずじまいに終わりました
バイスの殿には究極の"無能"である K が相応しいということでしょうか

ひばりの前世は、戦後にヤミ米を売りさばいて生き抜いており、その経験から金が大嫌いになったということです
そんなひばりの父親を強欲のアバロの殿にするあたりは、ダンスタンの意地の悪さを感じます
これもダンスタンの"善"と"悪"の実験の1つに過ぎないようですが
"悪"に対して恨みを持つひばりは、憎しみをもってバイスの"霊"を貫こうとしますが、悪意を持ったその一撃はバイスの糧となるだけです
悪意を吸収したバイスはパワーアップし、ゴーグを瞬殺
そこにひばりの父親の戒造も現れ、またしても善側のピンチは続きます


8巻の感想はこちら

機巧童子ULTIMO 9 (ジャンプコミックス)機巧童子ULTIMO 9 (ジャンプコミックス)
(2012/12/10)
武井 宏之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

漫画 | コメント:0 |
<<ご無体なゴムタイヤ!!! | ホーム | なんでどいつもこいつもガッコさぼってんだよ!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。