闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なんでどいつもこいつもガッコさぼってんだよ!

シャーマンキング FLOWERS 2巻 を購入しました
表紙は葉羽とヒトダマモードの大凶
凛々しい佇まいが美しい

12月10日は Takei 祭り!
フラワーズ以外にもウルティモ、ユンボル、ジャンプ改 1月号 が同時発売
ジャンプ改にはマンキン連載時にガイドブックとして発売された「マンキンブック」の続編の「マンキンブック2」が付録として付いています
勿論これらも購入済みなので今日から4日続けて紹介します

第5廻の感想は以前に書いているのでこちらを参照

京都にある裏麻倉家に、単身カチコミに乗り込んだたまお
春雨を携えて大天狗を使役する姿にはポンチコンチですら恐れを抱いています
そして「やっちまいなァ!!!」といきなり家を潰すという外道ぶりを発揮
怖いよたまおかーちゃん
潰れた家の中から出てきたのは葉羽達の父親である麻倉葉虚(ようきょ)
ジオングに似た O・S の祇園傀(ギオング)を繰り出しますが、大天狗の"修験の極み"にあっさり敗れ去りました
千年も引きこもっていたこともあって、実戦経験には乏しかったようです

その後花の学校には、父親から学校に行くように言いつけられたという葉羽が転校してくることになります
麻倉家との戦いは一時休戦するということもあって、普通の中学生同士の関係となった花と葉羽は妙に仲が良くなります
阿弥陀丸と大凶も戦いの末に友情を深めた様子で、大凶は阿弥陀丸に剣の指南をお願いするほど

普通の日常生活を送って来なかった葉羽に、転校生としての振る舞いを教えこむ花
しかしその目論見はクラス中の注目を一気にかっさらった2人目の転校生アルミによって、完全に無駄になってしまいました
ライバルとの戦い、入院、許嫁の転校とマンキン2巻までの展開に非常に似せてきていますね

その頃葉羽の姉の路菓も、二代目木刀の竜と言われる一原竜次のいるクラスに転校していました
ひと目で路菓に惚れた竜は、舎弟のハッスルパンチ(あだ名)とクイーンシャトー(あだ名)の言い分も聞かずに路菓の力になることを約束
その結果、路菓に「花を殺してこい」と無茶なお願いをされてしまうことに
この男もとことんツイてないですね

授業をサボった花と葉羽は隣駅のシオンモール東南南久留米へ
たこ焼きを食べる2人の様子は、アルミでなくても BL を想起させるほどの仲の良さ
前の巻で殺しあっていたとは思えません
更に自分の家に帰りにくいと言う花を、自分の家に招待しようとする葉羽
狙ってやってるのか!
ところがその目論見は姉の路菓によって阻止されます
阿弥陀丸と大凶を何らかの手段で石のようにして動けなくした上で現れた路菓は、休戦の約束を破らないために竜次を使って花を襲いました
霊が使えないシャーマンは無力
このピンチに花はどう立ち向かうのでしょうか

2巻には度々、花の学園生活を監視しているピラミッド型の変な生き物と青年が出てきます
こいつらは以前ジャンプスクエアに掲載された読みきり作品の「ヤハべえ」に出てくるヤハべえと羊介のようです
ピラミッド型の生き物が、青年を羊介と読んでいるので間違いないでしょう
単なる読みきり作品だと思っていたヤハべえがこんな風に絡んでくるとは驚きです
ヤハべえについて知らない方はこちらを参照してください

巻末には単色魂図鑑が収録されています
完全版のようにカラーじゃないので単色です
アルミがアレを"盛っている"説や葉羽の身体の弱さの理由、O・S 明星山鉾(ビグザレム)の秘密が明かされている面白い資料となっています


1巻の感想はこちら
3巻の感想はこちら

シャーマンキングFLOWERS 2 (ヤングジャンプコミックス)シャーマンキングFLOWERS 2 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/12/10)
武井 宏之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

漫画 | コメント:0 |
<<しふくのもふく… | ホーム | 四次元からの声!!の巻>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。