闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あなたも…また、私を独りぼっちにしてしまうのね…

gekko18.jpg

月光条例 18巻 を購入しました

月光条例執行者としての最後の仕事を果たしたセンセイ
執行者として協力した人間は、打ち出の小槌を振らせてもらって自由に願いを叶えてもらうことが出来る制度があると聞き、チルチルも露もセンセイの病気を治してもらえると喜びますが…
センセイの語りによると、露はかぐや姫そのものであり、何度も転生を繰り返して生きてきた存在であるとの事
それに対してチルチルは、露はおとぎ話のキャラではないと本人が言っていたと反論しますが、実は数ある世界中のおとぎ話の中で唯一本当にあった事実がかぐや姫であるとのこと
そして露はまだ月には帰っていない…

遂にセンセイの望みを打ち出の小槌で叶えてもらう時が来ましたが、センセイが望んだ願いは自分の病気のことではなく、チルチルに新しい人生を与えること
一つの願いを叶えるだけでは一人しか幸せにできない
そこでセンセイは、何時も誰かを幸せにするために頑張ってきたチルチルに、露を託すことを選んだのでした
センセイが亡くなったことで小槌の効力が現れ、恨みと寂しさを込めた言葉を送る露を置いて別の世界に飛ばされるチルチル
時代は飛び、岩崎夫婦に拾われることで月光としての新しい人生が始まりました

回想が終わってアラビアンナイトの世界
幻影のジンであるマールアの力で、甘美な幻想を味わう工藤さんと藤木さん
工藤さんの幻想の中の月光は本好きで、月光の方から付き合ってくれと言ってきたらしいです
藤木さんの幻想では現高校から転校してきた設定になっており、花好きでより不良っぽい感じ、そして祭り好き
お互い物凄い妄想っぷりです
打ち出の小槌を運んでいた一寸法師も、作画崩壊したような背の高さになった幻想を見せられますが、月光への意地で自力で幻想から脱出
数少ない見せ場を作りました

マールアを倒した3人と合流した赤ずきんの前に現れたのは、アラビアンナイトの語り部という設定のシェラザード
おとぎ話のキャラでありながら、物語を自由に変える能力を持つこの女に、赤ずきんも助っ人に来た裸の王様もやられてしまいます
そこに近づいてくる人影がひとつ
こいつを倒せるのはやはりあの男しかいない!


17巻の感想はこちら
19巻の感想はこちら

月光条例 18 (少年サンデーコミックス)月光条例 18 (少年サンデーコミックス)
(2012/05/18)
藤田 和日郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

漫画 | コメント:0 |
<<何でこんなに殴るんだよォォ!? | ホーム | 家族を大事にしねえ奴には本当の工事はできねえ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。