闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

決戦の階段ピラミッド!!の巻

第34話

セカンドステージの舞台は、古代の超人が覇を競うために建造したと言われる階段ピラミッドに決定しました
それにしても小さなリング内に全超人が小競り合いも無しに大人しく集まっている光景がなんだかシュールです
一回戦でもやったように、完璧超人軍は身につけていたアイテムを放り出して巨大マシンガンを作り出し、自らを弾丸のように射出して鳥取砂丘まで飛んでいってしまいました
そして鳥取砂丘でも観客席はたっぷり用意してあると告げるポーラマン
何気に完璧超人はサービスが良いですね
それに続きブラック・ホールも自分の頭の穴にバッファローマンとスプリングマンを放り込ませて鳥取までワープさせ、自身もロケーションムーブというワープ技で移動
キン肉マンとテリーも後を追おうとしますが、傷ついた身体を労る仲間達は自分たちに任せるように説得します
戦いぶりだけは見たいという頑固なキン肉マンとテリーを連れて、正義超人軍も鳥取まで飛んでいきます
…飛べる設定がいつの間にか復活してたんですね
そしてブロッケンJrは荒っぽいから海に落とされると訴えるキン肉マン
ラーメンマンに対する信頼の高さが伺えます

階段ピラミッドには7つのトンネルがあり、先に到着した悪魔超人軍はどこに入るかを決めかねていた様子
ターボメンの正義超人軍と悪魔超人軍を一緒くたにした態度にスプリングマンやブラック・ホールは怒りを顕にしますが、ロビンは7人同士なんだから各々が相手をするしか無いと説得
スプリングマンはラーメンマンに対する敵対心を伝えますが、ロビンもアトランティスに苦汁を舐めさせられた経験があり、お互い様です
これには今まで固い態度だったスプリングマンも折れ、ツンデレっぽい発言で共闘を了承
遂にピラミッドの中に正義と悪魔が突入します
ブロッケンJrの「あいつらだけにいい格好させてたまるかーーっ!」というセリフに対してロビンも「前にも同じように皆で集まってこんなセリフを言ったことがあったな」と返します
でもあのときはウルフマンもいたんですよね…
本当に不遇なのはジェロニモではなくてウルフかもしれません
スポンサーサイト

キン肉マン | コメント:0 |
<<家族を大事にしねえ奴には本当の工事はできねえ | ホーム | おまえは本当に役に立つ機関車だな>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。