闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

覚悟完了

劇場版ポケットモンスターベストウィッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ を見てきました
ネタバレも少ししているので注意






今回の映画は久しぶりの二本立て
メロエッタのキラキラリサイタル は、1年に一度だけ現れるメロエッタが開くリサイタルを、鑑賞する短編です
とあるアクシデントが起きてリサイタルに必須のメロディベリーという音符の形をした物体が森に散らばってしまいます
それをピカチュウたちが探し出すという内容になっています
フシギダネやアチャモといった過去作の人気ポケモン達も多数登場して賑やかな感じです
しかしBW御三家のポカブとその進化系のチャオブーは、登場はしているものの、前述のメロディベリー探しには加わっていないのでかなり影が薄かったです
一体だけ進化済みのポケモンが混じっているとバランスが悪いとはいえ、相変わらずポカブ系列は不遇な道を歩んでいる気がします

本編のキュレムVS聖剣士ケルディオですが、今作はトレーナーとの関わりが少なく、聖剣士4体とキュレムを中心に話が進みます
フリージオ以外はテレパシーで喋れるので、伝説のポケモンの背景を語る役がいなくてもなんとかなるということでしょうか
その喋るポケモンの声優はケルディオがしょこたん、キュレムが高橋克実、コバルオンがお馴染みの山ちゃん、テラキオンとビリジオンは2体とも良い演技だったので気になっていたのですが、キャストが流れる時に見るのを忘れてしまいました
ケルディオはそんなに悪くなかったのですが、キュレムは無理して悪そうな声を出してる感じがしましたね

内容は、簡単に言えばケルディオが聖剣士として認められる為にキュレムに戦いを挑むというもの
戦うことがメインなので今作はバトルシーンに力が入っており、なかなか見応えがありました
サトシの手持ちポケモンも割と活躍していましたし、キュレムも単純な悪役というわけではなく、映画としてはまぁまぁ良かったんじゃないでしょうか
ただアイリスが飛行船を勝手に動かして飛んでいってしまうのはどうかと思いましたが…
あとロケット団の3人もチラッと出ていましたが、喋ることはありませんでしたね

そして来年の映画はゲノセクトが主役です
既に8月に配布されることが決定していますが、何故来年の映画の時期に配布しなかったんでしょうか?
この2ヶ月だけでBWの幻のポケモンを3体も配布してしまうのは大盤振る舞いな気がしますが、次の世代のポケモンの発売を見越しているのかもしれません


神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 の感想はこちら
スポンサーサイト

ポケモン | コメント:0 |
<<開発中... 2012 summer その2 | ホーム | 開発中... 2012 summer その1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。