闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なぜワイハ?

zero10.jpg

賭博覇王伝零 ギャン鬼編 10巻 を購入しました

本棚に書き込まれていた数式の謎
これを三角形の長さの比だと見抜いた零は、ステンドグラスの部屋の仕掛けを解き、遂に喜十郎が監禁されている部屋を発見
安否を心配していた一行に反して、喜十郎は割と元気な様子でした

監禁の犯人は社長の貴光
監禁した理由は私的なギャンブルの使い込みを誤魔化すために使った事実を隠すのが目的という、小悪党にありがちなものであり、息子からも馬鹿にされている貴光らしい愚かさです
ところがそんな貴光すらも許してしまうという喜十郎の器の大きさは凄いものがあるんですが、単に身内だから甘やかしているようにしか見えません
今回の一件で貴光が成長したと喜十郎は語っていましたが、そうは見えないんですけどね…

喜十郎探しも一段落し、来るべき大きな賭けの際に後ろ盾になってもらうという約束を喜十郎に取り付けた零
そんな零の前に現れたのは、前の章以来姿を見せていなかった標
車椅子に乗って頭に包帯を巻きマスクをしているという、数年前とは大きく変わってしまった姿になっていました
これは前の章の最後で車ごと崖から突き落とされたことの後遺症なのか、それ以降に起きた出来事が原因なのかは今の時点では判断出来ません
こうして零と標が再び相見える事になったのは、次なるギャンブルの始まりを予感させます

しかしここで零の連載は一旦ストップ
福本先生が連載している他の漫画が落ち着くまで再開は無さそうです
早いとこアカギを終わらせて欲しいんですが…
地獄の鬼相手に無双している鷲巣様を見る限り、当分鷲巣様がくたばることは無さそうです


9巻の感想はこちら

賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(10) (KCデラックス)賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(10) (KCデラックス)
(2013/07/17)
福本 伸行

商品詳細を見る

スポンサーサイト
漫画 | コメント:1 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。