闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

晴れのちアラレ

pokespe44.jpg

ポケットモンスターSPECIAL 44巻 を購入しました

この巻からもう一人の主人公であるホワイトが登場
少女でありながら、ドラマやCMなどに出演するポケモンタレントを提供する会社を営む"BWエージェンシー"の社長です
日下先生が今までのポケスペに無かった関係性を模索した結果、「社長」と「社員」の主人公を思いついたそうです
ホワイトはポケモンマネジメントに関しては才能が有るようですが、ポケモンバトルを一度もしたことが無く、バトルは完全にブラック頼みになってしまっています
終盤になるにつれて激化しそうなバトルについていけるのでしょうか

ブラックの方は幼馴染のチェレン、ベルとサンヨウシティで再会し、そのままサンヨウジム戦へ
成り行きでトリプルバトルならぬトリオバトルで決着を付けることになってしまいます
ジム戦開始前は、タイプ相性の基本を全く理解していないベルが足を引っ張っていましたが、ミジュマルのホタチを利用した作戦でバオップを撃破したことが突破口となり、最終的に時間制限を利用したブラックの策で勝利します
戦略と勢いのブラック、意表を突いた作戦を思いつくベル、冷静沈着でフォローがうまいチェレンの3人は、とても相性がいいトリオなのかもしれません

44巻もまだまだ導入部としての要素は強いのですが、ライトストーン、N 、プラズマ団などが登場したことで次巻以降の期待も高まってきました
ポケモンの「声」が聞こえるという N のことを、ブラックは「いいヤツ」と言っていましたが、プラズマ団との関係を知った時にブラックはどう反応するでしょうか

巻末にはポケモンファン、コロコロイチバン!に掲載された時の扉絵が収録されています

帯には「ポケモン ザ コミック」という雑誌の発売が決定したことが書かれています
今後のポケスペの掲載誌の1つになると思われます
レッドとピカの画も載っているということは、例の特別編はこの雑誌に載るということでしょうか


43巻の感想はこちら
45巻の感想はこちら

ポケットモンスタースペシャル 44 (てんとう虫コミックス〔スペシャル〕)ポケットモンスタースペシャル 44 (てんとう虫コミックス〔スペシャル〕)
(2013/03/28)
日下 秀憲

商品詳細を見る

スポンサーサイト
ポケモン | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。