闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

命を賭した敵討ち!!の巻

第53話

ターボメンに送られた力によってバネの弾性を失い、身体がボロボロになってしまったスプリングマン
そのスプリングマンが最後に選んだ技は2000万パワーズのツープラトンである"ロングホーン・トレイン"でした
"胸クソ悪い技"と称する"ロングホーン・トレイン"を使ってでも勝つという、スプリングマンの勝利への意志が伺えます
バネの弾性を失った代わりに足回りの硬度が上がり、Uターンしながら連続で体当たりを繰り返すことができるようになったので、オリジナルの"ロングホーン・トレイン"よりもパワーアップしています
ターボメンも反撃を試みますが、特急列車の加速には勝てずに跳ね返されてしまいました
しかしこの攻撃は、スプリングマンの身をも削る捨て身の攻撃
足が砕けてしまったスプリングマンは最後の力を振り絞って、ターボメン向けてバッファローマンを投げ飛ばしました
ターボメンは"リボルバーフィン"で対抗しますが、バッファローマンの"ハリケーン・ミキサー"が勝り、ターボメンは静かに事切れました
とどめを刺したのはバッファローマンですが、バッファローマン本人が言うように、この勝利はスプリングマンとの2人でもぎ取ったものです

しかし、限界を超えて力を出したせいで命が尽きかけてしまっているスプリングマン
「こ…今度 生まれ変わってきたら… ピッカピカの最新鋭おもちゃ超人になって また おまえとタッグを く…組みたい…」と言い残しますが、バッファローマンは「オレは バネボディのままの おまえでいいんだ」と返します
再びタッグを組むことを約束したスプリングマンは、自慢のキャプテンに全てを託して散っていきました
悪魔にだって友情はあるんだーっ!
あの言葉を思い起こさせる良い一話でした

残った敵はグリムリパー
今回の話では、やられているターボメンをただ黙って見ているだけでした
完璧超人たるもの、味方に助けを請わない&助けないという信条なのでしょうが…
次回は友を失ったバッファローマンの怒りが炸裂するでしょうか
スポンサーサイト
キン肉マン | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。