闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

誇り高き"超人拳法"!!の巻

第41話

キャメルクラッチを解いてしまったことを疑問に思うブロッケンJrに対して、まだまだ甘いと語るラーメンマン
対戦相手を見極めて自在にファイトスタイルを変化させるのが真の超人だと述べるラーメンマンに、マーベラスは攻撃を仕掛けますが、ラーメンマンはこれを躱して顔面に回し蹴り
…かと思われましたが、蹴りのターゲットを首元に変更
これを見てマーベラスは、殺す気迫のこもっていないラーメンマンの戦い方に怒りを表します
しかしラーメンマンの拳は「活かす拳」
相手も己も救い、お互いが強くなっていく無限大の成長こそが真の超人の道だと悟っていたのです

そんなラーメンマンですが、マーベラスのハイキックを顔面に受けて、過去にウォーズマンから傷つけられた古傷のトラウマが蘇ってしまいます
その傷から吹き出す血に反応して、マーベラスの蒼龍が噛み付こうとしますが、マーベラスは自らこれを阻止
弱点を付く勝利ではなく、あくまで完璧な勝利を目指すというマーベラスは中々見上げたやつです
あと双龍は独立した意思を持っているんですね
ますます修行中に生えてきた理由が分からなくなってきましたが…

お互いの信じる拳をぶつけあう二人
チョークスリーパーをかけるラーメンマンですが、マーベラスにはあまり効いておらず、スープレックスをかけられ頭を強打した後は、両腕双龍の4本による攻撃"四碗龍拳"で宙に飛ばされてしまいます
そしてマーベラスがフィニッシュに選んだのは前回も披露した"<完昇>双龍胴体飛燕"
今回は"竜"ではなくて"龍"になってます
双龍でラーメンマンの脚に噛み付いて回転をかけて投げ飛ばす技ですが、ラーメンマンは逆方向の回転をかける"双龍逆旋回"で反撃
逆にふっとばされたマーベラスの首に双龍を巻きつけ、リングに頭から叩き付ける"九龍城落地"の一撃が決まって次回に続きます
執拗に続けていた首への攻撃は最後の攻撃をより効果的にするための布石だったのです
首に絡みついた双龍を、複雑に絡んだ迷路と化していた九龍城に見立てたセンスは中々かっこいいんじゃないでしょうか
スポンサーサイト
キン肉マン | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。