闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

エリエリエリエリエリエリエリエリエリエリ

恥知らずのパープルヘイズ を購入しました

舞台は5部完結の半年後
ジョルノがボスの地位に就いた為に組織の改編が進み、麻薬チームを壊滅させる命令がフーゴに下されます
一緒に任務を遂行するのは過去に話された後ろめたいことを再現して聞くことが出来る「ヴードゥー・チャイルド」を持つシーラ・E
53枚のトランプの兵隊から情報を得る「オール・アロング・ウォッチタワー」を持つカンノーロ・ムーロロ
対する麻薬チームは麻薬を製造する能力を持つ「マニック・デプレッション」を持つマッシモ・ヴォルペ
感覚を定着させる「レイニーデイ・ドリームアウェイ」を持つヴラディミール・コカキ
相手を麻薬漬けの状態に陥れる「ナイトバード・フライング」を持つアンジェリカ・アッタナシオ
自分が受けたダメージの7割を相手に与える「ドリー・ダガー」を持つビットリオ・カタルディの4人
スタンド同士の相性や射程距離のことも考えて話が構成されており、作者のジョジョ理解度の高さを感じます
細かいところで5部以外からのネタも散りばめられ、4部に出てくるあの人物と上で挙げたキャラの1人が兄弟だったりと各部とのリンクを楽しむことができます

今作では本編では頭が回るのが幸いしてボートに乗り込むことが出来なかったフーゴの苦悩が書かれています
裏切ったはずなのに裏切られた気分を感じるこのどうしようもいえない感覚
それを乗り越えることができた時にようやくフーゴは新しい一歩を踏み出せる
その為にジョルノが用意したのが裏切り者の汚名を晴らすための麻薬チームの壊滅だったんですね
ただ最後にジョルノが語る場面がボスとしての貫禄がつきすぎてるのはちょっと気になりましたね
15歳か16歳ぐらいのはずなのに達観しすぎているように感じました
5部でも並の人間では思いつかないような発想はしていましたけどね


The Book 〜jojo's bizarre adventure 4th another day〜 の感想はこちら

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-
(2011/09/16)
上遠野 浩平、荒木 飛呂彦 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
ジョジョ | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。