闇に潜む幻影

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「など」出たっ!

賭博堕天録カイジ 和也編 8巻 を購入しました
14回戦の救出者決定から15回戦の救出者決定後までが収録されています

14回戦の救出者となったマリオは、次戦で2人が助けてくれるのかが不安になり、スイッチの前まで来ても押すのを躊躇います
そこで思い出したのは兄の言葉
いつもボロボロの靴を履いている兄に、日本のボランティアの学生から盗んできた綺麗な靴をプレゼントしようとしたマリオ
そんなマリオに対して兄は「オレたちはこの通り貧しいから正しく生きなきゃダメなんだ!」と諭したのでした
迷いを振り切ったマリオはギリギリでスイッチを押し、2人の救出に成功します
喜び合ってる3人を見て和也は、ゲームを進めるにつれて深くなっていくはずの不信感が溜まらない3人を「腐った桶」「だだ漏れの桶」「使えぬ桶」と例えます
この「使えぬ桶!」で和也が桶を床に投げつけているコマが妙にシュールで笑えます

ゲームが思った通りに進まず、すっかり意気消沈している和也を尻目に15回戦の救出者が決定されます
救出者となったのは、救出難易度が低い一番後ろの椅子に座っている光山
ほとんど救出者に選ばれなかった光山は、この終盤で救出者になったことで安堵の声を大声で叫びます
ゲーム中は、大音量で3人に周りの音を聞こえなくして意思の疎通を封じていましたが、ここで和也の悪魔的発想により一時的にBGMが消されてしまいます
「生き残ったんだぁ~っ!」と言ったのを2人に聞かれてしまい、またしても3人の結束に乱れが生じてしまいました

相変わらずなかなか進みません
和也が色々ちょっかいだして友情が崩れかけるけどなんとかなるっていうのが延々続くので、展開もマンネリです
ヤングマガジン本誌では救出ゲーム編が終わり、和也との直接対決編は6月に連載される予定になっています
一応救出ゲームが完結するまではコミックスを買いますが、和也との対決編の内容次第ではそれ以降はもう買わないかもしれないですね

カイジシリーズ通算500回を記念して、福本先生の友人の漫画家の方々が描いたイラストがヤンマガに掲載されていました
それを再編集したものがこの8巻の巻末にも収録されています
イラストを描いた漫画家は次の通り

ちばてつや 板垣恵介 浦沢直樹 かざま鋭二 風間やんわり
片山まさゆき かわぐちかいじ CLAMP こしばてつや 西原理恵子
佐藤秀峰 しげの秀一 弘兼憲史 三田紀房 南勝久
村田ひろゆき 森川ジョージ 山本英夫 和久井建 (敬称略)

カイジを連載しているヤンマガ連載の漫画家の方が多めです
カイジを描いたイラストも多く、色んな画風のカイジを見ることができて面白いです


9巻の感想はこちら

賭博堕天録カイジ 和也編(8) (ヤンマガKCスペシャル)賭博堕天録カイジ 和也編(8) (ヤンマガKCスペシャル)
(2012/03/06)
福本 伸行

商品詳細を見る

スポンサーサイト
漫画 | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。